· 

【プロが教える】こんな症状が出たら脊柱管狭窄症の疑いあり!! 春日市の重症特化型整体ボディメイク春日

こんな症状が出たら脊柱管狭窄症の疑いがあります!

 

様々なTV番組や雑誌などで取り上げられる事で【脊柱管狭窄症】という名前も浸透してきました。【狭窄症:きょうさくしょう】などとおっしゃられている方もいますね。

 

 

脊柱管狭窄症といえば腰痛の一種というのは分かるけど、具体的にどういう病気なのか分からないという方も多いのではないでしょうか!?

 

 

そこで今回は【脊柱管狭窄症】の基本を簡単に紹介していきたいと思います。

 

 


 

脊柱狭窄症は、背骨に沿って走る脊髄(神経)の通る脊柱管というトンネルが、変形や軟骨がすり減る事で狭くなり、それにより神経が圧迫されるという病気です。

 

 

前屈(前かがみ)・後屈(体を反らす)でいうと後屈の際に痛みが出やすく、お尻や脚が痺れるといった特徴があります。

 

 

また、歩いていると脚を動かすのが辛くなり、しばらく休むとまた歩けるといった【間欠性跛行】という症状も代表的なものです。

 

 

近年の高齢化や医療機器の進歩によって脊柱管狭窄症と診断される方は増え続けています。

 

 

患者では50代〜70代の男性が好発年齢と言われていますが、急に太ったり筋肉が衰えた場合など女性でも脊柱管狭窄症になりやすいと言えます。

 



こんな症状が出たら脊柱管狭窄症の疑いがあり!

 

【脊柱管狭窄症】は痛み方やしびれ方に特徴があります。

 

  • 腰を伸ばしたり、反らしたりすると特に痛みが出やすい
  • 腰からお尻まで鈍い痛みを感じる
  • 長時間歩けないがしばらく休めば歩けるようになる
  • 歩いていると脚がしびれてくる足の裏までしびれる
  • 長い時間立ったり座ったりしていると辛くなってくる
  • 排尿・排便がうまくできないことがある(要注意)

 

 

このような症状に思い当たる節がある方は脊柱管狭窄症の疑いがあります。

 

まずは病院に行ってレントゲンで確定診断を受けてください


もしかすると脊柱管狭窄症予備軍かもしれない人の特徴

 

脊柱管狭窄症になりやすい人には以下のような特徴があります。

 

  • 高齢になっても運動やストレッチをまったくやっていない
  • 若い頃に激しい運動をしていた高齢者
  • 腰椎ヘルニアを患った経験がある方
  • 急に太ってお腹の周りに贅肉がついた
  • 腰痛持ちだが自転車に乗っているときは辛くない
  • 足首を思うように動かせない、爪先立ちできない

 

 

最初から見ていきましょう。

高齢になっても運動やストレッチをまったくやっていないというのは、脊柱管狭窄症は年をとるとなりやすい病気ですが、特に筋力が衰えていると狭窄の進行が早まる事がわかっています。

 

次に、若い頃に激しい運動をしていた高齢者というのは、その際に骨や関節にダメージを負っている可能性が高いからです。また昔は気合いで何とかなる、唾をつけとけば治るなど精神論が蔓延していて痛みをごまかしていた方が多いのも理由の一つです。

 

腰椎ヘルニアを患った経験がある方というのは、ヘルニアは椎間板の異常によって起こりますが、椎間板の異常があると脊柱管は狭窄しやすくなります。

 

急に太り始めた場合、体の重さや張り出したお腹が骨盤や背骨に影響を与える場合が多いからです。

 

自転車に乗っているときは辛くないというのは、自転車というのは前かがみに近い姿勢だからです。前かがみになると症状が緩和するのは脊柱管狭窄症の症状と一致します。

 

足首を思うように動かせないというのは、筋肉の強ばりや痺れなどで自分の体を上手にコントロールできない方が脊柱管狭窄症の方には多く、爪先立ちできない方もいらっしゃるからです。

 

 


手術は最後の砦!

 

病院に行き、レントゲンを撮って【脊柱管狭窄症】と診断されたらどうすればいいのでしょうか?

 

 

日常生活もままならない、動くことすらできないというのであれば手術という選択肢も出てくるでしょう。

 

手術のメリットはリハビリなどの保存的治療に比べ即効性が高い事があげれると思います。低侵襲手術という内視鏡を使った手術が少しづつ浸透してきており以前のように背中を大きく切開する手術に比べ格段に切開部位が狭く社会復帰が早くなってきています。

 

 

では手術のデメリットはどうでしょうか。それは、一度手術をしても再発する可能性は十分にあるということです。なぜかというと自分の体を根本的に変えなければ、日常生活の中での悪い習慣や動作で体が歪んでいき元の状態に戻っていってしまうからです。

 

 

さらに手術にはリスクもあります。私が受け持った患者の中にも症状がもっと酷くなった、2時間に一度トイレに行かないといけなくなったなど今の状態より悪くなった患者もいらっしゃいます。

 

 


脊柱管狭窄症に使われる薬

 

腰部脊柱管狭窄の治療では、まず痛みを抑える薬や血行を良くする薬、筋肉をほぐす薬などを使った薬物療法が行われます。

 

 

例えば、腰部脊柱管狭窄症による足の痛み・しびれに対しては、神経に対する血流の改善目的に「血管拡張薬」を使用し(プロスタグランジンE1など)、 神経の炎症による痛みに対しては「消炎鎮痛剤」、しびれに対しては「神経伝達物質阻害剤」などを使用します。 

 

 


手術をしない選択をした場合の治療法

 

次に手術をしない選択をした場合を考えていきたいと思います。

 

選択肢としては

  • 病院でリハビリをする(保険治療)
  • 整骨院で治療(保険治療)
  • 整体院で治療(自費治療院)
  • 独学で治療
  • 放置

 

 

くらいでしょうか。(放置は問題外です)

 

 

まずは独学で治療する場合、最近はTVでも病気に対する知識を深めてくれるような番組もありそれを見て自分でやってみてという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ですが、一言で脊柱管狭窄症といっても細かく分類すると違いがあり、人それぞれ症状も違いがあります。自分で治療をするのも構いませんが一度は専門機関を受診することを強くお勧めします。

 

 

病院でリハビリをする場合はどうでしょうか?

通常病院でリハビリを受ける選択をした場合は大病院でリハビリをする事はほぼないです。(手術を受けた方専門といってもいいです)ですので地域のクリニックでリハビリを受けることになると思います。

 

 

地域のクリニックでは一人の患者あたりのリハビリ時間は20分となっています。正直な話をすると牽引や電気治療、ウォーターベッドなどは脊柱管狭窄症の症状改善には役に立たないと感じています。(エビデンス:科学的根拠 が低い事は証明されています)ですが、効果が0とは言い切れないのでそれを受けて何らかの改善がある方は続ければいいと思います。

 

 

また、理学療法士がついての個別リハビリ時間は20分となっています。ここが無かったら病院で保存療法する意味はないです。本当に改善させたいなら物理療法だけの病院は変更して下さい。

 

 

次に整骨院で治療する場合です。

まず、症状がひどい場合はチェーン展開しているような整骨院はお勧めできません。なぜかというと、若いスタッフが多く経験不足・知識不足の方が多いからです(全てとは言いません)もし、そのような場所に行くならその店舗で一番経験豊富な方にお願いしましょう。

 

できれば経験豊富な先生が担当でついてくれるところに行くのがいいと思います。理学療法士の場合もそうですが、資格だけ取って勉強してない方もある程度の数いますのでそういう先生に担当されたら変更してもらうくらいの知識は患者側にも必要かもしれません。(そこまでの知識を一般の方が持つのは難しい事がお勧めしない理由の一つです)中には熱心に勉強されている方も大勢いますのでそういう方に担当してもらえるのが一番いいですね。

 

 

 

最後に整体で治療をする場合

最初に最大のデメリットは自費治療というところでしょう。保険治療ではない自費治療の場合どうしても1回の治療費が高くなります。短期的に見ると大きな出費と感じるかもしれません。

 

ですが、まず自費にしても患者がきているという事実と長く続いているのであればそれも含めるとどうでしょうか?結果が出ているから続いている。そういうことになります。

 

また、保険診療の病院や整骨院は一回の治療が安いがゆえ無限ループに入ってしまっている患者も多くいます。半年以上、2年、3年、長い人だと10年近くなんて人もいます。

 

それを考えると無限ループしない自費治療院は安いと考える事ができるでしょう。

 

また知識は抜群・技術にも自信がある。そういう先生が多いです。なぜか?自信がなければ独立しないからです。

 

 

 

以上が手術しない場合の選択肢です。あなたにあった選択肢をしっかり選んでください。