· 

【産後のママ必見】知っておきたい出産後の骨盤の歪みチェック法 福岡県春日市の重症特化型整体ボディメイク春日

当院では産後の骨盤ケアを行っていますが、お問い合わせで多いのが

 

「特に痛みもないし、出産前とあまり体も変わっていない気がするんですがこれって骨盤が開いていないんですか?」

 

というような骨盤に関しての質問が多いです。

 

 

事実、雑誌やTVでネットで産後の骨盤矯正で調べると

 

「産後の骨盤矯正はしないとダメ!!」

 

という助産師や整体師がなどの専門家が言っていますね。

 

 

痛みなど何かしらの症状があるならまだしも、あんまり変化ないなと感じているママさんにとってはピンとこない事だと思います。

 

ですが、やはり産後の骨盤は誰でもダメージを受けています。ですからケアしないといけません。

 

しかし「育児や家事にかかりきりでそんな暇作れないんです(泣)」

 

そんなママさんのために産後の骨盤がどうなっていて、自分の骨盤がゆがんでいるのかわかるセルフチェックのやり方をお伝えします。

 

私に3分間だけ時間をください!

 

簡単に読めますので、ぜひ最後まで読んでご自分の状態を確認してくださいね!

 

出産後の骨盤の状態はどうなっているの!?

 

「出産すると骨盤が開く!」

 

みなさん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ですが、実際にどうなってるのか詳しく知っている人は少ないですよね。

 

 

まず妊娠するとすぐに【リラキシン】という骨盤や背骨などを緩ませる作用のあるホルモンが出ます。

 

これは出産時に産道を広げやすくするものです。

 

そして出産時に産道は最大限に押し広げられます。そうすると骨盤がグラグラするような感覚になります。

 

この【骨盤が開く】というのは、半分正解で半分不正解です。

 

産後の骨盤は【骨盤上部が閉じて、下部が開く】というのが正解です。

 

分娩時には坐骨といわれる、座った時にお尻の左右で当たる骨が横に開いています。

 

するとテコの原理でその上の仙腸関節という関節は閉じるようにロックがかかります。

 

 

この仙腸関節が閉じてしまうと

  • 歩く時に違和感が出る
  • 内股に力が入らずガニ股になる
  • 骨盤がグラグラした感じがする
  • 恥骨や尾骨が痛む
  • 骨盤の動きが悪くなり、腰が痛くなる

などの症状が出てくる場合があります。

 

この仙腸関節の動きを正常化させ、坐骨を正しく締めて出産前の骨盤の状態に戻すことで、本来の骨盤の機能を回復することができるのです。

 

 

そのままにしておくとどうなるの!?

 

骨盤の上部が閉じ、下部が開いたままの状態になると身体の内側の筋肉が弱くなってきます。

 

内側の筋肉というのは、ここではインナーマッスル「体幹筋」を指します。

 

体幹筋とは背骨の周囲を支える役割をしています。

 

 

 

このインナーマッスルが効かなくなると

  • 尿もれ
  • 子宮下垂
  • 腰痛
  • 腱鞘炎
  • 恥骨痛

など、産後特有の症状が起こります。

 

 

産後の骨盤ケアはいつからがベストなのか!?

通常、産後の骨盤ケアは3〜6ヶ月の間に行うのが効果的だと言われています。

 

これは産後の骨盤が6ヶ月をすぎると出産で緩んだ靭帯が硬くなり、骨盤矯正が難しくなってくるからです。

 

ですが、私は1ヶ月からでも産後の骨盤ケアをした方がいいと考えています。

 

靭帯が伸び骨が少し動いた状態というのは捻挫の症状に良く似ています。

 

捻挫の治療は通常1〜2週間固定するのですが、腫れが引けば動かすというのは現在の医学では一般的です。

 

固定をする期間が長すぎると動かさないことでの不具合が多く発生します。例えば、動かし方が分からなくなったり、動かないことでの痛みが出たりなどです。

 

通常動く部分を固定するわけですから体を動かす時にその周りの筋肉が頑張ってカバーしようとしますので周囲の筋肉にも悪影響が出ます。

 

産後の骨盤も同じような状態です。骨盤周囲は関節が傷つき炎症を起こしていますので、まずは固定をするのがベストです。

 

だから骨盤ベルトってあるんです。(締め過ぎは厳禁ですよ!)

 

締め過ぎて固定しすぎると上記のような不具合が骨盤周囲で起きてしまいます。

 

そのためにダメージを受けている筋肉をできるだけ早く調整してあげることが大切になってくるのです。

 

 

骨盤の開きのセルフチェック法

骨盤の上部にある関節の仙腸関節がしまってロックがかかる事で骨盤の動きが悪くなります。

 

上部がしまってロックがかかるという事は下部が開いているので【骨盤が開いている】状態になります。

 

実際に自分の骨盤が開いているのか簡単にチェックできますのでここではその方法をご紹介します。

 

①仰向けで寝る

 

②両膝を曲げる

 

③膝を左右に倒します

 

床まで膝が倒れば骨盤の開き具合は少ないです、床まで倒れない場合は骨盤が開き気味です

 

⑤左右によって倒しやすさの差があれば骨盤の歪みがあります

膝が床までつかなかったり、左右で倒す感覚が違う場合は骨盤のセルフケアを行って下さい

 

セルフケアは個人で変わってきますので気になる方はいつでも相談して下さいね!

 

まとめ

出産はママの人生の中で一番と言ってもいいほどのダメージを残します。

ですが、身体の痛みを我慢している方や、どこに行ったらいいのか分からないというママも多いです。

 

早めのケアが大切になってきますので自分だけではできないと感じましたら当院にご連絡下さい。

 

ご予約はLINEからでも受け付けています。