· 

【抗酸化】ってなに?

こんにちは、春日市の重症特化整体ボディメイク春日の鶴薗です。

 

 

 

みなさん【抗酸化】って聞いたことありますか?

 

私たちの体は酸素を利用してエネルギーを作りだしています。

 

そして、酸素を利用すると活性酸素が体内で生じてしまいます。

 

この活性酸素が私たちの細胞を傷つけ、被害をもたらしています。

 

活性酸素は

  • 老化
  • がん
  • シワ
  • しみ
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 動脈硬化

などの生活習慣病の原因となります。

 

 

 

この活性酸素ですが年齢とともに増えるとも言われています。

 

活性酸素を増やす要因として

  • ストレス
  • 食品添加物
  • タバコ
  • 激しい運動
  • 多量飲酒
  • 紫外線

などが挙げられます。

 

活性酸素を増やしてしまう要因は日常のいたるところにあるわけです!

 

 

 

本日のテーマである【抗酸化】とはとは体の中を錆びつかせない(酸化を抑えること)ことです。

 

【活性酸素】は体内の酵素によって分解されますが、活性酸素の生成量が多いと、無毒化が間に合わずダメージを受けてしまいます。

 

活性酸素の働きを抑えるのは酵素だけでなく、抗酸化物質も活性酸素から体を守ってくれます。

 

 

私たちの体内では活性酸素を無毒化する抗酸化の働きが加齢によって低下していきます。そのため処理しきれなかった活性酸素は体内にたまり、より毒性の強いものへと変わっていきます。

 

 

 

では【抗酸化】するためにはどうしたらいいかというと【活性酸素】より酸化しやすいものをとることです。

 

抗酸化物質自身が酸化されることで、体を酸化から防御してくれます。

 

抗酸化物質によって、私たちの細胞は無傷でいられます。

 

 

代表的な抗酸化物質

  • ビタミンA(緑黄色野菜)
  • ビタミンC(野菜・果物・芋類)
  • ビタミンE(ナッツ類、かぼちゃ)
  • コエンザイムQ(イワシ、さば、豚肉、牛肉)
  • フラボノイド系ポリフェノール(赤ワイン、大豆、ごま、緑茶、紅茶)
  • 非フラボノイド系ポリフェノール(ウコン、コーヒー、米ぬか)
  • イオウ化合物(にんにく、ねぎ類)
  • カロテノイド(緑黄色野菜、みかん、パプリカ、柿)

 

などが抗酸化物質として代表的なものです。

 

 

 

抗酸化物質をとることの効果としては

  • ガン抑制
  • 動脈硬化予防
  • アンチエイジング

が挙げられます。

 

普段の食事で少しだけ気をつけて摂取したらいかがでしょうか?

 

 

ライン@でご予約で特別割引中

https://line.me/R/ti/p/%40ida4764q