【公開】女性が変形性膝関節症になりやすい5つの理由 【春日市】【整体】

膝痛を引き起こしてしまう恐ろしい病気【変形性膝関節症】

この病気は女性の方が発症率が高いです。日本整形外科学会によるとその男女比は1:4とも言われています。

 

 

でも、なぜ女性の方が発症率が高いのでしょうか?

今回は変形性膝関節症の原因となる要素について、特に女性特有の事象を交えながらどのような因果関係が隠されているのか説明します。

 

変形性膝関節症とは!?

変形性膝関節症とは、簡単にいうと膝関節にある半月板という軟骨の部分がすり減ってしまう病気です。

 

 

膝関節にある半月板はコラーゲンを多く含み、膝関節に加わる衝撃を吸収し、分散してくれます。また骨同士の摩擦を防ぐ効果もあり、クッションのような役割を担ってくれています。

さらに膝関節の動きを滑らかにしているのもこの軟骨になる為、非常に重要な組織です。

 

 

半月板は様々な原因によってすり減ったり、欠けてしまう事があります。

 

そうなると膝関節を守っていたクッションがなくなるので骨と骨が直接ぶつかり合ってしまい炎症が生じます。

 

 

そうなると以下のような症状が現れます・

  • 膝が痛む、膝が曲がらない
  • 膝が音を立てるようになる
  • 膝が曲がらない為、重心が下がり腰痛になる

 

 

どれも辛い症状ばかりです。変形性膝関節症は60歳代女性の約40%、70歳代になると約70%もの人がかかってしまう病気です。

 

 

なぜ、軟骨はすり減ってしまうのでしょうか!?

 

変形性膝関節症が女性に多い理由

変形性膝関節症の原因には一次性のものと二次性のものがあります。二次性のものがいわゆる外傷性のもので事故やスポーツなどがきっかけのものと定義されています。それ以外のものが一次性で、大半は一次性のものです。

 

 

では、どのような原因で変形性膝関節症が生じていくのでしょうか。女性の視点も交えそれを紐解いていきましょう。

 

 

 

〜原因①:筋力低下〜

歳をとると筋力は衰えてきます。上半身より下半身の方がより低下し、大腿四頭筋と呼ばれる太ももの前側の筋肉が低下すると膝への負担が大きくなってしまいます。その結果として、軟骨が徐々にすり減っていき変形性関節症に繋がります。

 

☆女性の筋力低下

女性は男性に比べると筋肉の量が少ないのは皆さんご存知の事です。その理由は、テストステロンというホルモンの影響が大きいです。テストステロンは筋肉が作られる過程で必要なホルモンで、男性は女性の15倍分泌量があると言われています。

 

 

 

 

〜原因②:体重の増加〜

体重と膝にかかる負荷量はとても密接に関係しています。膝関節はもともと負荷がかかりやすい部位です。

立位時:体重の2,5倍

階段昇降時:体重の3,2倍(上り)体重の3,5倍(下り)

体重は増えれば増えるほど膝にかかる負担は増えるのです。

 

☆女性の体重増加

女性は男性と違い出産・妊娠に備えてエネルギーを蓄える性質があります。よって男性と比べ脂肪率が高くなります。

 

さらに女性は20代で新陳代謝が衰え基礎代謝が減少します。この事が摂取したエネルギーをさらに脂肪として蓄積されやすくなります。

 

 

 

〜原因③:O脚〜

O脚とはまっすぐ立っている時に膝がつかずに外側に湾曲している状態で、ガニ股とか言われたりもします。O脚になると膝の内側に負担が集中してしまい、結果として軟骨がすり減ってしまいます。

変形性膝関節症の実に9割の方がO脚だと言われています。

 

☆女性のO脚

O脚は女性に多い症状です。遺伝的な要因があるとされていますが、女の子座りなども原因の一つと言われています。

また、ハイヒールなどのファッションも膝の内側に負担を強める要素となっています。

 

 

 

 

〜原因④:ホルモンバランス〜

ホルモンバランスも原因の一つです。閉経が近くなり、更年期が訪れると、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が急激に減少します。(更年期障害)。

 

エストロゲンには、骨が作られるのを補助する作用、骨を丈夫に維持する作用があります。分泌が減少してしまうことの結果として骨がもろくなってしまうのです。

 

骨がもろくなると、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になる可能性も高まります。もろくなった骨は変形しやすくなり、変形性膝関節症へとつながります。

 

 

 

〜原因⑤:骨盤の歪み〜

骨盤のゆがみは膝への負担に大きく関わっています。

なぜ膝なのに、骨盤? と思うかもしれません。

骨盤がゆがむことで下半身のバランスが崩れてしまうのです。

 

では、歩く際にはどうなるのか。膝自身がねじれることによって、体全体のゆがみを矯正してくれるのです。これは膝にとっては大きな負担になります。長期間この状態が続いてしまう事で、変形性膝関節症を引き起こします。

 

☆女性の骨盤の歪み

この骨盤のゆがみも女性に起こりやすい現象なのです。

 

女性は妊娠、出産する際にリラキシンというホルモンが多く分泌されます。このホルモンは子宮周辺の関節や靭帯を緩める作用があります。

結果として、骨盤が不安定な状態になります。

この時期に、体に負担をかけるような生活を送ってしまうと、骨盤が歪んでしまうのです。

まとめ

なぜ変形性膝関節症が女性に多いのか理解できたでしょうか?

骨は年齢とともに弱っていきます。

それは薬を飲んでも100%防げる事ではありません。

 

変形性膝関節症にならない為に、または悪化させない為に必要なのは予防です。

予防というと色々と方法がありますが、まずは日常生活でかかる負担を軽減させる事が一番手軽にできる方法です。

 

どうやってすればいいの?

やり方が分からない!

 

という方は現在通われている所で聞いてみるといいです。いま現在膝が痛くなくても知っていて損をする事はないので聞いて見ましょう。

もし聞くあてがなければご連絡下さい。