肩こり〜頭の位置が【超】重要〜

福岡の皆さんこんにちは

ボディメイク春日の鶴薗です。

 

 

 

肩こりは姿勢が重要と以前のブログでも紹介させてもらいました。

ある調査によると日本人は1日平均8〜9時間ほど座っている時間があるそうです。

 

 

また別の調査では1日11時間以上座っていると4時間未満の人に比べ死亡率が増大するなんていう恐ろしい報告もされています。脚の筋肉の活動性が低いことにより心臓病や糖尿病のリスクを高めるそうです。

 

 

 

座っていることを座位と言いますが、この座位時の姿勢は実は肩こりと結びつきが非常に強いです。

理想的な椅子座位の姿勢というのは

  1. 首から体幹にかけて垂直であること
  2. 股関節と膝関節がほぼ直角であること
  3. 足底が地面についていること

このような状態のことです。

 

 写真はスマートフォンを扱っている女性です。

 

 

このような姿勢を続けると、

前後左右の筋肉や筋膜の張力バランスが変わっており不均衡になっています。

 

 

液晶に目線を固定し頭頸部の重みを支えるために

首、肩、肩甲骨の周囲の筋肉がとても頑張っている状態です。 

 

 

このような姿勢で時間が経つと次第に

【首のこり】や【肩こり】になっていきます。

 

アメリカのケネスハンスラージ氏の研究から

頭を前に傾けていく角度が増すにつれて

頸部への荷重も増えていく事が明らかになりました。

 

 

頸部の角度が60度にもなると

子供と同じくらいの圧力が頸部にかかってしまうことになります。

 

 

 

 

いかがですか!?

 

 

肩こり改善のためには

【頭の位置】がとても重要です。

 

 

 

でも実際は

「知っているけどなかなか肩こりが改善しない」

「これがダメだとはわかっているんだけど…」

「知ってるけどやる時間が…」

 

 

そうお考えではないですか?

 

 

ボディメイク春日で

自分の【肩こり】の現状を把握してみませんか?

 

 

 

頭頸部・肩関節・肩甲骨・脊柱・胸郭…

姿勢分析・動作分析…

 

 

そこを徹底的に分析できるのは

元理学療法士の特権です。

医学的根拠に基づいた歪みチェックをしていきます。

 

 

 

お困りの際はお気軽にご相談ください!