肩関節の仕組み 【春日市・大野城市】【整体】

福岡の皆さんこんにちは

ボディメイク春日の鶴薗です。

 

 

本日は肩関節についてまとめていきます。

肩は人間の関節の中で一番稼動範囲の広い関節です。

 

 

 

 

wikiでは

肩関節(かたかんせつ)は、肩にある関節。一般的には肩甲上腕関節(第一肩関節)の事を指し(肩甲骨と上腕骨をつなぐ間の部分で、肩甲骨の関節窩と上腕骨頭で形成された関節部分)、これを狭義の肩関節という。広義の肩関節は、肩甲骨、上腕骨、鎖骨、胸骨、胸郭に関連する5つの関節(文献によっては、肩甲上腕関節・肩鎖関節・胸鎖関節の3つの場合もある)で構成されており、肩複合体と呼ばれることもある。

広義の肩関節5つは以下の通り。

  • 肩甲上腕関節(第一肩関節)
  • 第二肩関節肩鎖関節 - 肩峰関節面と鎖骨肩峰端にある関節面との間の平面関節
  • 胸鎖関節 - 胸骨と鎖骨との間の関節(形態学的には鞍関節、機能的(運動学的)には球関節)
  • 肩甲胸郭関節 - 肩甲骨と胸郭との間の関節

これらは解剖学的関節と機能的関節に分けられることもある。

 

このようにまとめられていました。

 

 

ちょっと専門的で難しく感じるかもしれませんね。

簡単にいうと、肩関節とか肩って一つの関節ではなく複数の関節を総合して言われています。

 

鎖骨の部分も肩関節に入ることが学生時代はここも肩関節なのかぁ・・とか思った記憶があります。

 

 

 

肩関節が可動範囲が広い関節ということはどういう事が言えるかというとそれだけ緩くついているという事が言えます。

 

肩関節と股関節をみてみます。

肩関節

股関節


 

肩関節の方がはまりが浅いですよね。

 

このように浅くはまっているので骨による制限が少なく、広い範囲で動かす事ができます。

 

 

 

 

浅くハマり動かせる範囲が広いですが、その一方で安定させるために骨で支える事ができませんので、筋肉や靭帯をより使う事で、痛めやすくなってしまいます。

 

肩の痛みについて

肩関節の痛みの原因は、なんらかの原因により関節に炎症がおこる関節炎によるものか、肩関節の構造的損傷により痛みがでるものが多いです。

ではなぜその痛みの原因となる炎症や構造の損傷が起こるのか、原因別に解説します。

 

 

〜五十肩〜

 

50歳代を中心として中年以降に、加齢に伴い肩関節や周囲組織の変性を基盤に、肩関節やその周囲の組織に炎症が起きることで、明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動制限をきたす疾患群と定義されています。

 

五十肩の病期は症状の推移から三期に分けられます

 

◎急性期(発症から約2週間程度の痛みの強い時期)痛みが強くなるとともに動く範囲も狭くなり、徐々に肩の可動域が制限されます。


◎慢性期(3か月~1年)には徐々に痛みが改善しますが、まだ可動域制限は残存し日常生活動作に支障をきたします。


◎回復期には可動域制限がまだ残るものの、痛みが少ないために大きな機能障害の自覚はなくなり徐々に可動域が自然回復します。

 

 

回復経過には個人差がありますが1年前後かかってしまう方が多いです。

五十肩の特徴は強い鈍痛と肩を動かした時の痛み、可動域(肩の動き)の制限です。ほとんどの患者さんは鎮痛剤や注射で様子を見ることになるかと思います。ですが長い期間可動域制限がある状態の場合はしっかり可動範囲を確保するために動かしておく必要があります。

 

 

 

〜腱板断裂・腱板損傷〜

 

腱板は、腕を上げる運動や、腕を内外に回す運動をする時に重要な役割を果たす4つの筋で構成されています。(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)

一般的にはあきらかな外傷がなかったり、非常な軽微な外傷で起こることが多く、腱板(特に棘上筋)が骨と骨(肩峰と上腕骨頭)にはさまれているという解剖学的構造と、腱板実質の加齢性変化にともなって断裂することが多く、中年以降に多い病気です。

 

症状は、肩の可動時痛、特に肩を挙げるときにある角度で強い痛みを感じるのが特徴で、夜間痛が強い人も多いです。

五十肩と違うところ

  • 肩の動きは制限があまりない
  • 肩を挙げるときに力が入らない、ジョリっと音がする
  • 他人に挙げてもらうと肩が挙がるが、自分ではできない
  • 肩を挙げた姿勢を維持できない

などがあげられますが病期などによって個人差はあります。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

肩関節に関わる病気など今後紹介していきたいと思います。

 

どんな痛みでもそうですが、早めの対処で重症化になるのを防げると思います。当然肩関節もそうです。

 

今、治療院に通われている、もしくは今、肩に何かしらの痛みや違和感がある方は重症化する前に一度相談してみてはいかがでしょうか?