寒さと痛みの関係性 【春日市・大野城市】【整体】

 

寒いと腰が痛くなる…

冬になると関節が痛くなる…

 

こんな事聞いた事ありませんか?

実は寒さと腰痛には意外な関係があるようです。

 

今回は寒さと腰痛の関係と原因、そして予防法についてまとめてみました。

寒さと痛みは比例する!?

 

元から腰痛を持っている方が、冬になり気温が下がると症状がひどくなる事は多いと思います。

 

 

それにはしっかりとした根拠がありますので一つづつ見ていきましょう。

 

 

 

 

〜寒さと末梢神経と筋肉の関係〜

 

末梢神経とは痛みなどの刺激を伝える神経です。(脳や脊髄を中枢神経と呼びます)

身体の末端まで伸びている末梢神経は身体の内部から筋肉の間を通って伸びていくものがあります。(坐骨神経などが末梢神経になります)

 

寒くなると私たちの身体は筋肉を収縮し、熱を逃がさないようにします。(震えたり、歯をかみしめたりするのも筋肉の収縮です)

そうなると筋肉の間に挟まれている末梢神経も圧迫され、その結果脳に痛みを伝達してしまうのです。

 

 

 

〜寒くなる事で不自然な体勢を長時間とる〜

 

寒い日は外出を避けてごろごろしていませんか?

こたつでゴロゴロしたりずっと座りっぱなしや寝ころんだままの状態を続けてしまいがちですよね…

このように不自然な体勢を長時間とることにより、腰に負担をかけるといわれています。

 

 

 

〜寒くなると運動不足になる〜

 

運動不足になると筋力は低下します。当然腰回りの筋肉も衰え、結果的に上半身を支えている腰が過負荷となり腰痛を引き起こしてしまうのです。さらに、筋力の低下により血行も悪くなるので悪循環となってしまうのです。

 

〜寒さで身体が冷えて血行不良になる〜

寒くなると身体が冷えてしまいます。この「冷え」は腰痛にも関係があります。

冷える事で血行不良を招きます。そうなると、筋肉のエネルギーの代謝がスムーズにされずに、疲労物質が腰に溜まってしまうのです。
つまり、冷え性の方は腰痛になりやすい傾向にあるといえます。

 

 

寒さからくる腰痛の予防法

では、寒さからくる腰痛を予防するにはどうすればいいのでしょうか?

ここからは予防と対処法を見ていきましょう。

 

〜腰を温める〜

 

痛みは血行不良により悪化します。ですから腰痛がある場合は腰を温めることが大切です。その点ではお風呂は体全体を温めるのでとても効果的です。
シャワーのみで済ませてしまう方も多いですが、腰痛防止のためにはお風呂に入ることをおススメします。(急性の場合はお風呂に長くつかることで悪化する場合がありますのでご注意ください)

 

 

お風呂の入り方のポイント

40℃前後のお風呂に10~15分つかります。そうすることで体がしっかり温まります。

逆に熱いお風呂に短時間入るのは体の表面のみを温めるため、お風呂から出るとすぐ冷めてしまいます
ですので腰痛対策としてやる場合は短時間の入浴はお勧めできません。

外出時や仕事中にはホッカイロや腹巻を上手に利用することも効果的です。(ホッカイロを使用するときは低温やけどにお気をつけ下さい)

 

〜身体を温める食事をとる〜

 

普段私たちが口にしている食品には陽の食べ物陰の食べ物があるのはご存知ですか?

 

陽の食べ物は主に寒い地域で栽培されているものを言います。ナトリウムを多く含み、味は苦いものや塩辛いものの陽性のものが多いとされています。

陽性食品の主な効能:身体を温める・体を締める・血管を締める・腸管を締める等

 

逆に陰性の食べ物は暖かい地域で栽培されているものが多いです。水分が多い、カリウムの含有量が多いのが特徴です。味は甘いもの酸っぱいものなどが多いです。

陰性食品の主な効能…体を冷やす・体を緩める・血管を緩める・腸管を緩める等

 

見分け方は、茶色や色の濃い食べ物は体を温め白い色の食べ物は体を冷やすと言われています。

〜適度な運動を行う〜

 

筋力が低下すると身体で熱を作る力が落ちてしまいますので適度な運動をすることが有効です。

 

オススメの運動

1)ウォーキング

比較的に腰に負担が少なく腰痛対策ができあらゆる世代にオススメなのがウォーキングです。

腰痛予防にとって効果的とされる腰回りの筋肉を鍛えることができ、手軽に行えることが魅力的です。

 

2)水中でのウォーキングや水泳

水中でのウォーキングや水泳は膝への負担が少なく、なかなか外で歩くことができない人でもできる可能性があります。また水圧がかかりますので全身運動になりとてもオススメです。

 

3)ヨガや骨盤体操

ガや骨盤体操は腰回りの筋肉を強化したり、骨盤を正しい位置に戻す効果がありますので腰痛対策として効果的です。

姿勢によってはきつかったりとかなり個人差がありますので無理をしすぎないように行いましょう。

 

4)パピーポジション(赤ちゃんポーズ)

簡単で効果があり人気のストレッチです。

やり方は

 

うつ伏せの格好で寝ます

肘を90度に曲げ、両腕が垂直になるくらいに上半身をそらします

(赤ちゃんが上半身を持ち上げているようなイメージ)

そのまま1分

 

腰背部の筋肉を使うことでより柔軟性を高める効果があります。

目安は1日に2回、2〜4週間で効果が出ると言われています。

 

※注意点:ぎっくり腰などの急性の腰痛の場合や足にしびれやマヒがある場合は行わないようにしましょう。持病がある場合は医師に相談してから行ってください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬はまだ始まったばかりです、これからもっと寒くなることが予想されます。

 

今回紹介させて頂いた方法は日常的に行いやすく、効果も高いのでぜひ自分にあった方法をで寒い冬場の痛みを乗り切っていきましょう!