なぜしびれるの場所で原因が予測できるのか!?

こんにちは!ボディメイク春日院長の鶴薗です!

本日もしびれについてまとめます。

 

 

なぜしびれの場所で原因が予測できるのか?

それは神経というものはそれぞれに守備範囲が決まっているからです。

これがその守備範囲を表したものです。

見る気失せちゃいますよね(笑)

 

 

ざっくりいうと

C(頚椎)

T(胸椎)

L(腰椎)

S(仙椎)

です。

 

あとは上から1〜と番号が振ってあります。

このように守備範囲が決まっているのでどこにしびれがあるか?

が分かるとその守備範囲のところの背骨が怪しいな!となるわけです。

 

 

例えば頚椎ですと

手の痺れが神経症状として出る場合が多いです。

後は、手のどこか!?でさらに絞られていきます。

 

腰椎の場合も同じで

どこがしびれているのかが大事です。

太ももだと前なのか?

後ろなのか?などです。

 

 

 

しびれは病気の初期症状であることが多く、しびれの原因を調べることは病気の早期発見に有効です。早い段階から治療を受けることで、神経への恒久的な深いダメージを防げます。

 

 

通常、2~3日以内に消えてしまうようなしびれは、心配ないです。

しかし、次のような場合は早めの受診してください。

  • 同様のしびれが何度も繰り返し起こる
  • しびれが一週間以上続いて取れない
  • しびれがどんどん強くなったり、その範囲が広がる
  • しびれだけではなく、力が入りにくい、歩きにくい、などの症状が出てきた

このような症状がある場合には、「たかが、しびれ」と考えず、一度専門家に相談すべきでしょう。