· 

座ると太ももと腰が痛くなっていました。 【春日市】【大野城市】【整体】

座っているとだんだん腰が痛くなってくる経験をされる方はよくいらっしゃいます。

 

 

座位(座っている状態)という姿勢は腰椎にかかる負担が大きいです。

下の図をご覧ください。

意外かもしれませんが、座位姿勢は立位姿勢より

 

椎間板に負担がかかるんですね。

 

 

 

椎間板と聞くとヘルニアを思い浮かべる人も多いかと思いますが

椎間板というのは骨と骨の間にあって、

クッションの役割や関節が綺麗に動くように適合性を高める役割をしています。

 

 

本日は患者様を紹介させていただきます。

 

座っていて、腰だけでなく太ももまで痛くなっていた方です。

 

 

座っていると太ももの前面と腰に痛みが出て

立位になると治るといった症状でお困りでした。

 

 

ご覧になってわかると思いますが学生の方です。

座って授業が一日中あり今回のような症状が出ると本業の学業にも支障が出ますので大変だったと思います。

 

 

問診から座る椅子によって症状が出たり出なかったりがあり

ひどい時はどの椅子でもでるとおっしゃられており

神経性の症状が出ていると説明し治療していきました。

 

 

当院では自分で予防できる知識を知っていただく事を大事にしています。そうする事で、治療院から卒業して頂くためです。

施術をするだけでまた再発した時に通わないといけなくなるの嫌ですよね!?

 

 

今回、治療開始から終了まで約3ヶ月かかっています。治療回数は10回です。セルフケアがしっかりと効果が出てコントロールでき始めてきたので終了しています。

 

 

この回数を多いと考えるか少ないと考えるかは考え方次第だと思いますが、当院ではただ治療して終わりではなくその後自分で痛みを管理できるようになって頂きたいという思いがありますので一度きりの施術を行っておりません。

 

 

しっかりと自分の身体の状態を自分で知る事から予防ができるという考えから他院と違いお身体の事や予防法など知識についてお話することも多くなるかと思います。

 

 

ただ痛みを抑えるだけでなく、何が原因でどういったことが良いことで何がダメだったのかをしっかり知ってこそ予防ができると私は考えています。あなたも一緒に予防法を見つけ根本から症状を改善していきませんか?