· 

困った頭痛・危ない頭痛  【春日市】【整体】

少しづつ気温が下がってきましたね。

 

季節の変わり目というのは身体の調子が悪くなりやすいものです。

 

今回は季節の変わり目に特に多い印象のある頭痛についてまとめました。

 

 

 

単純に頭が痛い!といっても、その原因や症状はいろいろあります。

風邪や二日酔いによる頭痛もありますし、片頭痛のような慢性的な頭痛もあります。どちらも命に別状があるものは少ないですが、日常生活に支障が出るなどの困った頭痛です。

 

くも膜下出血や脳出血などによる突然の頭痛は、すぐに命取りとなるような危険な頭痛です。これらの頭痛の見分け方や対処の仕方などを紹介していきます。

 

 

 

〜あなたの頭痛はどのタイプ!?〜

 

日本人は頭痛もちが多いと言われています。

いわゆる慢性頭痛と言われる症状でお悩みの人は日本人の実に3人に1人とすら言われているほどです。

慢性頭痛といっても色々な種類がありますが、一番多いと言われている【緊張型頭痛】で15歳以上の日本人の22,3%を占めています。

次に多いのが【片頭痛】で8,4%、ついで【郡発頭痛】などになります。

 

命に関わるようなものではありませんが、それぞれに頭痛が起こる原因や痛みの起き方、自分で対処するためのセルフケアが変わってくるので注意が必要です。

 

 


〜緊張型頭痛〜

緊張型頭痛の痛みは片頭痛に比べて軽いです。

頭全体が重くなって圧迫されるようなグーっと締め付けられるような痛みがあります。

 

 

緊張型頭痛が起こる原因としては筋肉が原因のものと心からくるものがあります。

 

 

筋肉のコリからくる緊張型頭痛は、デスクワークで長時間前かがみになる姿勢を続けている方に多く見られます。パソコン画面を長く見続ける人や度の合っていないメガネをかけるなど目の疲れがある場合も起きてしまいます。

 

 

心からくる緊張型頭痛は、ストレスに弱い人に多いです。

ストレス社会と言われる現代は特に多くなってきています。

頭痛の起こり方としてはなんとなく頭が重い鈍重感があり1日中続いたりすることもしばしばあります。

 

 

《対処法》

筋肉の場合、心の場合共に【緊張を解消する】事が第一になります。

初めから薬に頼るのではなく、ストレッチや体操・マッサージをしたり外の空気を吸うなど気分転換を図る事が大事になります。

ゆっくり入浴することもリラックスするのには役立ちます。

 


〜片頭痛〜

片頭痛の患者は男性より女性の方が3倍以上多いです。

特に30代女性の20%程の方は片頭痛を持っていると言われています。

 

 

症状としては、ズキンズキンという拍動性の痛みが頭の片側(両側の場合もあり)に起こります。

痛みの原因は、血管の周囲が神経原生炎症を起こしていたり、血管が異常に拡張するためだと考えられています。

 

 

発生頻度は月に1〜2回ほどで、痛みは数時間から長い人で数日続くこともあります。吐き気を伴い、光がまぶしかったり音がよく聞こえたり感覚が敏感になります。

片頭痛の患者さんの中には、生あくびが出たり、空腹感やイライラなどから前もって頭痛がくるのがわかる人がいます。

また、頭痛の前兆として、目の前がキラキラして視野がぼやける閃輝暗点という症状が現れる人もいます。さらに手足の痺れが現れる人もいます。

 

 

 

《対処法》

まずは、自分がなぜ片頭痛になるのか片頭痛になる誘引をしっかりと知っておくことです。一般的な誘因としてはワインやチーズが有名ですが人それぞれ誘引は違います。

「寝すぎ」が誘引として考えられる場合は、いつも通りに早めに起きることです。外出すると片頭痛が起こる人は、車や人の流れ、騒音や眩しさなどが誘引となりますのでサングラスをかけるなどです。

 

片頭痛の防止には、上記のような誘引を避けることですが、万が一頭痛が起きてしまった場合、できるだけ安静にすると良いです。部屋を暗くして横たわり、眠る事が一番です。

その時の痛みの和らげ方は人それぞれで、痛むところを抑える・揉む・頭を冷やす・温めるなど自分が一番楽になれる方法を探し見つけてください。また、頭痛の予兆(生あくび・空腹感)などがあった時は早めに薬を飲みましょう。




〜群発頭痛〜

この名称は、群発地震のようにある期間に集中して頭痛が起こるところからつけられました。

例えば、春先・秋口など季節の変わり目に始まって、一度痛みが出現すると毎日のように痛みが続くようになります。

痛みは一定期間で約1〜2ヶ月続く場合が多いようです。その後、半年から2〜3年と、しばらく時間が経っ手から再び同じような頭痛に見舞われます。

頭痛の起こっている期間のことを「群発期」と呼んでいます。群発期以外の期間は頭痛はすっかり治ってします。

 

女性に多く見られる片頭痛に対して、群発頭痛は男性の20〜40代の人に多く、女性の4〜5倍にものぼると言われていますがその理由ははっきりしません。

 

 

この頭痛も、頭の血管が過度に拡張する事が原因の一つと見られており、さらに、生体の生理的なリズムを刻む【体内時計】の不調も関わっているとの説もありますが詳しく分かっていません。

 

群発期に少量のお酒を飲むだけでも発作が起きる場合があるので期間中は避けましょう。

また、痛みが起こると薬は効かないので、決まった時間に発作が起こる場合は、その前に血管収縮薬(エルゴタミン)を予防的に飲む事です。薬がない時は、深呼吸が有効な場合もあり、病院では酸素吸入で痛みを抑える措置をする場合があります。

 

 

 


命に関わる【危ない頭痛】

突然の強烈な頭痛や徐々に増強する頭痛、手足の麻痺や言葉のもつれを伴う頭痛、発熱を伴った頭痛など

《これまでに経験した事がない頭痛》ならば即、救急車で脳神経外科を受診する事です。

 

激しい頭痛を伴う危険な病気として

 

  • くも膜下出血
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • 髄膜炎・脳炎
  • 慢性硬膜下血腫

 

などがあります

 

 


まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後にご紹介した危険な頭痛は本当に命に関わります。

1分1秒が大事になるのでできるだけ迅速に対応していかないといけません。

このようなものを見分ける為にもしっかりとその他の頭痛を治していくといいですね!