· 

この痛みどこに行けばいいの!?〜医療機関の選択に迷った場合〜

 

 

この痛みはどこで治せばいいんだろう…

そんな悩みを持ったことはありませんか?

 

 

地域には整形外科や整骨院、鍼灸院、整体…

様々な医療機関がありどこに行けばいいか分からない

 

 

 

そんな迷いを持ってしまう人は少なくありません。

 

 

 

それもそうですよね、治療家である私から見ても

一体どこに行けばいいのか分からない

のが正直な所なんですから

 

 

 

 

ですが、どうしていいか迷っている間に

時間だけが無駄に過ぎてしまっては

ただ症状を悪化させるだけになってしまうかもしれません。

 

 

 

少しでもお力になれたらと考えまして

こんな時はここに行ったらどうか

という話を今回はしていきます。

 

 

 

今回は

 

  • 病院(整形外科を含む)
  • 整骨院
  • 整体(カイロプラクティックを含む)
  • 鍼灸

 

この4つの分類で話を進めていきます。

 

 

病院

 

病院は医療機関の最高峰です。

まずは病院に…と思う気持ちは分かります。

 

 

 

病院では主に

  • 病名を特定する
  • 手術をする
  • 症状を緩和する

 

 

 

 

大まかにいうと上記のような処置を行います。

 

 

基本的な病気の範囲をいうと

病的な症状が疑われる場合です。

 

 

  • 痛みが3ヶ月以上続いている
  • 夜中痛みで目がさめる
  • 安静時にも痛みがある
  • 体重が短期間で減少している
  • おしっこが意図せずでる
  • 力を入れることができない

 

 

などが挙げられます。

このような場合は何か病気がないか

一度検査を受ける必要があります。

 

 

 

また、痛みが強すぎる場合は

痛みによるストレスや下手にかばう癖がつかないように

薬や注射で痛みを緩和させる必要があると

私は考えています。

 

 

薬や注射で治ることはないとよく言われますが

治らなくても痛みを感じる時間を減らすことは

とても大切なことです。

 

 

整骨院

 

 

地域には整骨院ってたくさんありますよね

ちょっと歩けば整骨院があるような状態になっています

では、整骨院ってどんな所なんでしょうか?

 

 

まずはその辺りから説明します。

 

 

基本的には整骨院は

外傷の専門家と言われています。

 

 

 

外傷というのは捻ったり、ぶつけたり

はっきり原因のわかる何かをした時の

症状を指します。

 

 

肩が凝ったとか腰がだるいなどは

本来は担当する症状ではありません。

 

 

しかし、時代の変化とともにこのような症状の方が

整骨院にも多数来院されるようになりました。

 

 

それに対応してしっかりと勉強をされている方もいらっしゃいますが、

本来は専門家ではありません。

 

 

 

整骨院を選択するべき時は

上記の外傷の場合や、自費でやっているところにしてください

 

 

 

健康保険を利用した

長期的な痛みの施術は認められていません

 

 

 

そういったことを当たり前にしている整骨院を

どう思いますか?

 

 

私はオススメできないです。

しっかりとした対応をしている気がしません。

 

 

整骨院へ通う時は?

 

 

では結局はどういった時に整骨院を選択するべきか?というと

 

 

 

  • 痛みが3ヶ月以上続いている
  • 夜中痛みで目がさめる
  • 安静時にも痛みがある
  • 体重が短期間で減少している
  • おしっこが意図せずでる
  • 力を入れることができない

 

 

 

上記以外の場合に選択されることをお勧めします。

整体(カイロプラクテッィクを含む)

 

 

整体院は自費での施術をしていきます。(保険がききません)

今までご紹介した病院や整骨院は症状に対して処置をしていくことが多いです。

それに対して整体では原因に対して処置をしていくことが多いです。

 

 

 

ですので、症状に対して病院や整骨院に通っても改善が見られない場合であったり、痛みの原因をしっかりと取り除いていきたい場合に選択することが多くなっています。

 

 

 

鍼灸院

 

 

鍼灸治療の場合、腰痛や肩こりと言う状況でも通院することはありますが
体質改善を目的として通院されることが多いです。

 

体質改善を希望される症状としてアトピーやアレルギー、不妊症といった場合が多いです。
最近では美容鍼が注目を集めており、鍼に対する抵抗も薄れてきています。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか!?

何かしらの症状が出て治療していこうと決めた場合、選択肢は多いです。それぞれに各々の特色があるにせよ一番はあなたがその先生を信頼できるかどうかが最後の決め手になると思います。

 

 

あなたにとって最高の先生との出会い、そして症状の変化があることを祈っています。