繰り返すぎっくり腰が驚くほど良くなる理由とは!?  【春日市】【整体】

あなたはぎっくり腰になった時どうしますか!?

 

 

 

ほとんどの人は

「痛みが引くまで安静にする」

とおっしゃいます。

 

 

事実、ほとんどの場合はそれで痛みは引いていきます。

しかし、そうやってぎっくり腰を繰り返しているうちに

「なんか前より痛みが強いな…」

とか

「前より治りが悪いな…」

と、感じていませんか?

 

 

本日は正にその状態になってしまったお客様を紹介します。

春日市在住  佐藤様


佐藤様が今回ぎっくり腰になって最初にしたことは

やはり、安静にするという選択でした。

1日経ち、2日経ち…

症状は悪化してしまいました。

 

 

そこでインターネットからHPを見て当院に相談をしてきました。

電話口では大変元気が良かったのですが実際に来院されると

想像以上に悪かったのが印象深かったです。

 

 

来院した時の症状は

腰が伸びず、歩くのもままならない様な状態でした。

 

1度目の施術では腰が伸びる様になりましたが、鈍痛がありまだ完全ではないとおっしゃられていました。

 

2度目の来院の際には普通に歩ける様になっており、痛みはかなり軽くなっていたそうですが少し鈍痛が残っているとおっしゃっていました。

 

3度目の施術の時には普段通り働いて、重いものを持った後でも痛みが少なくなってきたとおっしゃっており、

 

4度目、5度目で今後の予防方法についてセルフケアを施術を含め指導させて頂きました。

 

 

動画でもおっしゃられている通り、人によっては当院での施術は

【あまり触らないな】

と思われるかもしれません。

 

ですが、結果として1度目の施術から痛みの改善が見られました。ご本人も一番それを感じておりびっくりされていました。

 

 

なぜ、ぎっくり腰だったのに腰をあまり触らず治るのか!?

 

佐藤様の場合、ハムストリングスの硬さが原因で腰の不調がおこっていたので施術ではそこをメインにやっています。

 

 

 

 

腰痛は有訴率と言って、患者が訴える症状の中で一番多い症状だと報告されています。多くの人が腰痛を抱えて生活していますが、ほとんどの場合腰痛の原因は腰にはありません。

 

 

現在の西洋医学では腰に明確な原因がある腰痛は15%程度しかないと言われています。残りの85%は腰以外に原因があるという事です。

 

 

腰に原因がない場合は、腰をマッサージしたり、湿布を貼ったり、痛み止めを飲んだりすることはその場しのぎの治療になってしまいます。

 

 

 

大事なことは、

自分がなぜ腰が痛くなっているのか

を知ることです。

 

 

 

 

原因をしっかり知らない限り、完治はありません。

一時的に痛みは引いても必ずまたぶり返します。

原因を知っているから、気をつけることができますし、それに合わせた効果的な運動をすることができます。

 

 

あなたも一度しっかりと原因を見つけて見ませんか?