足がつる原因とその対処法 【春日市】【整体】

足がつる原因と対処法

 

あなたは足がつった事がありますか?

足だけに限らずどこかがつってしまうととても辛いですよね…

 

足がつるという症状はなぜ起きるのでしょうか?

足がつるというのは専門的な言葉で言うと【有痛性筋攣縮】と言います。急に筋肉が収縮して、そのまま固くなってしまって痛くて動かせなくなる状態です。

 

1 なぜ足がつるのか!? その原因について

 

 

 

足がつるという症状は

  • 朝目覚めた時
  • 夜中に寝ている時
  • 運動中

 

によく出る症状です。

 

足がつる際に考えられる原因について解説します。

 

 

 

 

1−1 水分不足

 

体内の水分が不足する事で足はつりやすくなります。高齢になると体内の水分量が減りますので高齢になる事で身体はつりやすくなると言えます。また高齢になると頻尿になる方も多い事から夜間のトイレを控えるために水分を取らなかったりと言う事がありますが、足がつると言う症状に対しては逆効果になります。

 

 

 

1−2 ミネラル不足

 

ミネラルとは無機質の事で、カルシウム・鉄・ナトリウムなどがそれにあたります。必要な量は少ないものの人体で作り出す事が出来ないものなので発汗する事で身体から出て行ってしまいます。ナトリウムは塩分の事で不足することは少ないと言われていますが、鉄やカルシウムは不足しがちな栄養素です。

カルシウム=乳製品・海藻類・小魚・緑黄色野菜

鉄=海藻類・貝類・緑黄色野菜

 

 

 

1−3 冷え

 

運動中にはない原因です。夏場のクーラーや扇風機、冬場の寒さなどにより足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になります。収縮した状態で伸ばそうとしても筋肉が縮こまっている状態では伸びません。入眠前や熟睡時に多い原因です。

 

 

 

1−4 筋肉の疲労

 

一般的には寝る時というのは筋肉が緩んだ状態になっています。しかし、昼に運動などをして筋肉が疲労している場合は寝ている間も筋肉が緊張し痙攣を起こして足がつる事があります。

運動前や運動後のストレッチや体操は運動時の怪我の予防はもちろんですが疲労回復という点でも効果が期待できます。

また、高齢になると成人よりも筋量が不足している事に加え、身体の水分保有量の減少や動脈硬化による血行不良、薬の副作用などで若い人に比べると足がつりやすくなります。

 

 

 

1−5 マグネシウム不足

 

マグネシウムの役割として【筋肉を緩める】作用があります。足がつるというのは筋肉が緊張している状態はマグネシウムが不足し、筋肉を緩める作用が低下している可能性があります。


2 ミネラルの重要な働き

 

ミネラルは私たちの身体の中で骨や歯の形成・神経伝達・体内のイオン調整などとても重要な働きをしています。

ミネラルは不足すると欠乏症の症状が出ますが、とりすぎても過剰症の症状が出ます。

 

 

 

2−1 筋肉や神経の働きを調節する

 

ミネラルは神経や筋肉の働きを調整しています。不足する事で、異常な痙攣が起こり夜中に突然足がつるという症状が出てきます。

 

 

 

2−2 筋肉の収縮に必要不可欠なカルシウム

 

食の欧米化によりカルシウム不足の人は増えています。以前のように小魚を食べる事が減少したためです。ミネラルは筋肉の収縮を助けるため、不足している場合筋肉の働きが悪くなります。

 

 

 

2−3 汗でミネラルが流れ出る

 

夏場など汗を多くかくとミネラルの損失が多くなります。

また、スポーツをする人も同様にミネラルの損失が多くなりますのでこまめに摂取するように心がけましょう。

 

 

 

2−4 高齢になるとミネラルの排泄が増える

 

高齢者はミネラルの吸収率が落ち、排泄量が増える傾向にありますので特に注意が必要になります。

 


3 冷え

 

足がつらないようにするにはミネラル補給が大事だと説明してきました。ですが、それだけが原因ではありません。

足のつりとは一見関係ないように感じる下半身の冷えは影響している可能性があります。

  • 冷えると血行が悪くなりミネラルが全身に行き渡らない
  • 血行が悪くなると疲労が蓄積しやすくなり痙攣が起こりやすい

冷えといっても様々なパターンがあり、ただ単に身体を温めれば解決という訳にもいきません。

 

 

 

3−1 冷え性と低体温は違う

 

一般的に36℃以下の人を低体温と呼ぶ事がありますが、冷え性は体温が何度以下というようなものではありません。

冷え性とは「普通の人が寒さを感じないくらいの温度でも、全身や手足、下半身など体の一部や全身が冷えてつらい症状」と言われています。

 

 

 

3−2 意外と多い夏の冷え性

 

身体が冷えると聞くと冬場を連想してしまいますが、現代では冷房が効いているところも増え夏場の冷えもよく見られるようになりました。外の暑さで多量の汗をかき、エアコンのしっかり効いた室内で身体が冷やされます。また汗が乾く時にも熱を奪います。暑いからシャワーだけしか浴びなかったり、冷たいビールをガブ飲みするなど夏特有の生活習慣も冷え性を招きます。

 

 

3−3 冷えに隠れる生活習慣病とは!?

 

冷えには運動不足や筋肉の減少、またストレスの過多など生活習慣病でもある動脈硬化が関わっていることも多いです。高齢になると動脈硬化が進み、血行が悪くなる事で起こる冷えも増えます。

 

 


4 つりを防止する食品

 

足のつりは栄養バランスのとれた食品を摂る事で防止できる場合があります。足がつる事が多い!という人はまずは足のつりを防止する以下の栄養を取れるように食品を考えて取りましょう。

 

 

 

4−1 カルシウム

 

カルシウムは骨を作る!こんなイメージがすっかり定着していますがそれだけではありません。カルシウムは主に以下のような役割があります。

  • 骨や歯の材料となる
  • イライラやストレスなどを静め、神経を安定させる
  • 筋肉(平滑筋を含む)の収縮に不可欠
  • 体内のイオンバランスを正常値に維持する
  • 体内の浸透圧を一定に保つ
  • 血液凝固促進作用
  • 心筋の機能を正常に保つ
  • 抗アレルギー作用

食の西洋化で現代の日本人はカルシウムは不足しがちと言われています。カルシウムは以下の食品によく含まれます。

  • 乳製品
  • 大豆食品
  • 小魚
  • 野菜

カルシウムはビタミンDと一緒に摂る事で吸収率が上がります。ビタミンDは青魚やキノコ類に多く含まれます。

 

 

 

4−2 マグネシウム

 

成人の体内には約25g含まれていると言われています。そのうち約70%は骨や歯に存在しています。不足すると骨から溶け出し利用されます。マグネシウムの役割は以下のようになっています。

  • 補酵素としての作用
  • カルシウムの骨や歯への沈着作用
  • 精神安定作用(高ストレス作用)
  • 血圧維持作用

日本では以前からミネラル類のうちカルシウムが取り上げられる事が多くマグネシウムの摂取は無視されている傾向があります。マグネシウムの不足は心臓病や高血圧に繋がるケースもあり重要な栄養素です。マグネシウムが多く含まれる食品は以下になります。

  • 種実類
  • 魚介類
  • 海藻類
  • 野菜
  • 豆類

 

 

 

4−3 カルシウムとマグネシウムのバランスに注意

 

カルシウムとマグネシウムはバランス良く摂取しないと身体に悪い事が最近分かっています。

その働きとしては高血圧から動脈硬化へと症状が進んでしまうと、カルシウムを取り込んだ細胞が死んで動脈内に沈着します。その沈着した細胞は血液の循環を悪くし、心筋梗塞につながります。

マグネシウムはこのカルシウムの沈着も防ぎます。更にマグネシウムはカルシウムが血管を収縮させようとするのを防ぎ、血管拡張作用もあります。

マグネシウムはなんとかして血液の循環の流れをよくしようとします。カルシウムを多くとればマグネシウムもかなりとる必要があるのです。

 

 

 

4−4 タンパク質

 

ミネラルを全身に運ぶ役割をしているのがタンパク質です。足がつる場合はミネラルの不足はタンパク質も一緒に摂取しないと全身に運ばれず、足がつりやすくなってしまいます。


5 筋肉の疲労

 

スポーツなどをして筋肉に疲労がたまるとつりやすくなります。普段運動習慣がない人や、運動前・運動後にしっかりと体操を行わない場合は筋肉の緊張状態がうまく抜けずに足がつりやすくなります。

 

 

 

5−1 運動不足

 

人間は皆平等に老いて行きます。老いによる衰えはどんなに運動をしていようが起こります。プロの選手でもずっと一流のままではいられないですよね。

だったら運動なんてしても一緒じゃん!と思われるかもしれませんがそれでもしっかり運動をすることは大事です。適度な運動をする事と、老いで筋力が落ちていくのは別問題です。

 

 

 

5−2 ウォームアップ・クールダウン

 

ウォームアップやクールダウンを行うのはスポーツの時に怪我を予防する効果だけではありません。具体的には次のような効果があります。

  • 疲労物質を取り除く
  • 体の組織を同調させながらスローダウンさせる

せっかく健康維持や趣味で楽しむために運動してもそれで身体を悪くしては元も子もないのでしっかりと取り入れてください。

 

 

 

5−3 身体のゆがみ

 

身体がゆがんでしまうとその人の動作の癖や姿勢によって特有の場所に負荷がかかるようになってしまいます。そうなるとその部分がつりやすくなります。筋肉は様々な場所で連結していますので体幹がゆがんでいるために足がつった!なんてことも起こります。お近くの整体等で矯正することをお勧めします。


まとめ

 

単に足がつるといっても原因は多岐に渡ります。しっかりと原因を見つけそれにあった対処法を行うことで足がつる回数を減らしたり、つらない身体を手にすることはできます。

まずは今回紹介した方法を一つづつやって見てください。

正確な原因を見つけ、正確な対処法を行う事が改善への近道になります。