腰が痛い…!女性の腰痛の4大原因とその治療法とは!? 【春日市】【整体】

腰痛は男性より女性に多いと言われています。

女性は男性より筋骨格に劣り、女性特有の原因が様々生じる事もあり腰痛が多くなってしまいます。

 

今回は女性の腰痛にフォーカスして原因や考えられる病気の可能性や対処法をお伝えしていこうと思います。


目次

 

腰が痛い…!女性の腰痛の4大原因とその対処法

 

  1. どんな症状?3つの腰痛の種類と特徴
  2. 女性の腰痛の4大原因とは?
  3. 痛みが続いています…考えられる3種類の病気
  4. セルフケア!女性の腰痛への3つの対処法
  5. 痛みが気になる…!専門的に行う3つの検査方法
  6. 病気の場合に行う3つの治療方法
  7. 日常生活での予防!4つの腰痛予防習慣とは?

1 どんな症状?3つの腰痛の種類と特徴

 

1−1 女性の身体的特徴

女性は男性より筋肉量が少ないです。その為、身体を支える様々な部分で支える力が男性に比べ弱くなってしまいます。その為、腰椎にヘルニアなどの症状が起こる事が増えます。

 

1−2 ホルモンバランスの影響

生理があるなどホルモンバランスが崩れやすいです。それは自律神経にも影響する事があります。ホルモンバランスの周期的変化が腰痛の特徴になったりする事もあります。

 

1−3 冷え性の人が多い

冷え性は男性より女性の方が多いです。冷え性により血液の流れが悪くなると血流によって栄養されている筋肉が疲労しやすくなってしまい腰痛が起こりやすくなります。


2 女性の腰痛の4大原因とは?

 

2−1 サルコペニア(老化)

女性は男性に比べ、骨密度が低く、加齢がある程度すすんで来ると腰椎や膝、股関節、肩関節などに異常が見られやすくなります。変形性脊椎症であったりヘルニア、脊柱管狭窄症であったりする場合が多いです。

 

2−2 日常生活動作

腰痛になった原因で多いのはぎっくり腰(急性腰痛症)です。重いものを持ったり、腰に負担をかけた時に起こります。また、痛みが慢性的に続く場合は、慢性腰痛症と言ってゆがみや疲労、身体の動かし方や癖などでずっと腰に負担をかける事で起こります。

 

2−3 腰に鈍い痛みを感じる場合

慢性的な腰痛は鈍痛があるだけでなく、月経が長く続いたり、不整出血が見られたりする場合があります。子宮筋腫等の可能性もありますので続くようでしたら婦人科の受診をしましょう。

 

2−4 腰に鋭い痛みがする場合

腰に鋭い痛みがする場合や、安静にしていても痛みが引かない場合、またひどい月経痛がある場合は子宮内膜症の可能性があります。生理周期になると腰痛になるなど周期に合わせた痛みが起こります。症状がひどく気になる場合は一度婦人科を受診しましょう。


3 痛みが続いています…考えられる3種類の病気

 

3−1 椎間板の病気

椎間板というのは軟骨です。年齢とともに少しづつすり減ってしまう方が多く、再生される事もない組織です。

また椎間板の作用として、関節の適合性を高める作用や緩衝作用などがあります。この作用が働かなくなると腰を動かす時に痛みが出たり、腰が疲れやすくなります。

 

3−2 脊柱管の病気

脊柱管というのは脊髄が通る管のことです。脊柱管のが狭くなることを脊柱管狭窄症と言います。神経が通っている場所なので、しびれや力が入らない、入りにくいといった症状から痛みとして症状が出る人まで様々です。

 

3−3 女性器の病気

子宮筋腫や子宮内膜症などは危険です。子宮内膜症の特徴として月経困難で腰部が重くなったり、安静にしていても腰痛があったりします。また子宮筋腫の場合、腰痛だけではなく不整出血や月経量の増加が見られます。このような症状が続く場合は一度婦人科受診を行ってください。


4 セルフケア!女性の腰痛への3つの対処法

 

腰痛への対処法は、原因がはっきりとわかっていないと自分で行う事が難しいです。全く分からないという場合はお近くの病院で医師に聞いたり、整骨院や整体で原因を教えてもらってください。

 

4−1 ゆっくりと腰を動かしていく

坐骨神経痛のように筋肉が原因で起こっている症状の場合、痛みの出ない範囲でゆっくりと腰を動かしていくといいでしょう。ウォーキングなどで腰周囲の筋肉を動かす事もいいと思います。

 

4−2 お風呂などで身体を温める

冷え性が原因で腰痛がある場合はお風呂で温めるといいです。半身浴も非常に効果的です。炎症症状(熱感、腫脹、発赤、動かせない)などがある場合はあまり温めすぎると逆にひどくなる恐れがありますので注意してください。

 

4−3 タオルなどで温める

病院にホットパックという医療器具があります。簡単にいうと湯たんぽみたいなものですがタオルを温める事でも同じようなものが出来ますので温めると状態がよくなる場合はやってみてください。

 


5 痛みが気になる…!専門家が行う3つの検査方法

 

5−1 腰痛と手足のしびれが併発している場合

しびれは神経症状になりますのでこのような場合は、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症などの可能性があります。整形外科でレントゲン検査やMRI検査をする事で分かります。

 

5−2 背部痛や背骨が曲がってきた場合

この場合も整形外科に行くといいでしょう。骨粗鬆症の可能性があります。尿検査や血液検査をする事で判明します。

 

5−3 安静時痛、腰痛の他に月経困難がある

このような場合は婦人科を受診してください。鈍痛がしたり、安静にしていも痛い、月経症状がひどいといった症状では、超音波・MRIといった検査が行われます。この検査で異常が出なかった場合は、更年期障害が考えられるでしょう。


6 病気の場合に行う3つの治療方法

 

6−1 椎間板や脊柱の病気

脊髄まで神経を圧迫していなかったり、しびれがひどくない場合は手術をしない場合が多いです。病院では湿布や痛み止め、ブロック注射などを処方する事が多いです。安静時にもひどく痛みが出る場合ではない時は整骨院や整体での治療もオススメです。

 

6−2 骨粗鬆症の場合

バランスの良い食事が基本になります。骨を作るのはカルシウムやビタミンです。また適度な圧力が骨を強くしますのでウォーキングなどの運動をする事で効果が上がります。

 

6−3 女性器の病気の場合

子宮筋腫の場合で治療が必要になってくるのは、症状が強く出たり悪性であったり不妊であったりする場合が多いです。

年齢や症状、妊娠の希望などで治療法は異なってきます。


7 日常生活での予防!4つの腰痛予防習慣とは?

 

普段の生活の動き方などからしっかり気をつける事で慢性腰痛の予防には絶大な効果があります。

 

7−1 バランスの取れた食事をする

骨粗鬆症や、加齢による筋力低下などの予防をするためにもバランスの取れた食事が有効です。カルシウムやビタミンなどをしっかりとりましょう。日本人は炭水化物をとりすぎの傾向があるようですよ。

 

7−2 身体をしっかり温める

身体が温まると血行が良くなります。またリンパの流れも良くなりますし疲労回復の効果がありますのでぜひ試してください。

 

7−3 同じ姿勢で長くいないようにして、運動をする。

同じ姿勢を長時間することは皆さんご存知のように身体には良くありません。背伸びをしたりして30分〜1時間に1回は動くようにしましょう。

また運動は慢性的な痛みには効果的なのでオススメです。無理のないウォーキングやストレッチを試してみてください。

 

7−4 規則正しい生活をしましょう

規則正しい生活リズムは自律神経のリズムも整えてくれます。自律神経は自分で意識的に操作できない身体のリズムを整えてくれるので規則正しい生活をすることは非常に重要です。


まとめ

  1. 女性は筋肉量が少なく、骨粗鬆症にもないやすいため男性に比べ腰に負担がかかりやすい
  2. 女性ホルモンのホルモンバランスの崩れは腰痛につながる事がある
  3. 継続する鈍痛や月経困難がある場合は婦人科受診をしましょう
  4. 腰の痛みやしびれがある場合は整形外科受診をしましょう
  5. 普段の生活から規則正しい生活や、バランスの取れた食事などに気をつけて過ごしましょう。