朝一、腰が痛い!寝起きの腰痛の原因と対処法

朝一の腰痛に悩まされている人はとても多いです。

 

  • 普段から腰痛持ちだが朝が一番きつい…
  • 朝だけ腰が痛むけど昼夜は痛みがない…

 

など、寝起き時の腰痛に悩まされている方はおっしゃいます。

このように、朝だけ腰が痛むと言う方は通常の腰痛とは

違う原因で腰の痛みが出ている可能性が高いです。

 

 

寝起きの腰痛に悩まされている方は

以下の原因に当てはまるかどうか

一度チェックしてみましょう!

1:寝る時の姿勢が悪く腰が痛む

 

寝起きの腰痛がある方のほとんどは寝方が悪いです。

一般的には腰が反った状態で寝ると腰に負担が増えてしまいます。

つまり、うつ伏せで寝ることは腰に負担が増える可能性があります。

 

ですから仰向けで寝ることをお勧めします。

仰向けだと余計痛むと言う方は

足を伸ばして仰向けで寝た時に腰が反ってしまっているんだと思います。

 

このような方は腰に慢性的に痛みがあって腰部周囲の筋肉が凝り固まってしまっている可能性があります。

特にそのようになる原因に思い当たることがない場合は身体のゆがみが原因になっていることがほとんどです。

 

仰向けで寝るのが辛い方はこの寝方を試してみてください

2 腰部周囲の循環が悪い

 

人間は起きた直後というのは血液の循環が昼や夕方と比べると悪くなっています。

寝ている時というのは脈も穏やかで体温も低くなります。これは寝る時に副交感神経が優位に働いている為で、人間はみんなそうです。

 

では、なぜ朝一に腰痛になる人とならない人が出てしまうのかというと

それは腰部周囲の循環によるのです。

 

腰回りの筋肉に柔軟性があり循環がスムーズに行えている人は

朝、身体の血液がゆっくりな状況であっても腰痛が出ることはないです。

 

しかし、腰回りの筋肉が凝り固まってしまっていて循環が悪くなると

朝のゆっくりな血液循環では足りず痛みが出ます。

 

昼や夕方に循環が良くなると痛みは緩和されますが

その循環がさらに悪くなると腰痛はもっとひどくなって行きます。

 

こんな時は椅子に座ってこのように腰を回しましょう

循環は筋肉を動かすことで改善されます。

ですのでこのタイプの人は上記のように座って身体を捻ったり歩く量を増やしたりして動く量を増やすことで症状が緩和して行きやすいです。

まずは1週間くらい続けて効果を体感して下さい。

3 食事の時間が遅い

 

前日の夕食の時間が遅くそのまますぐ就寝となると

内臓にかなりの負担をかけてしまいます。

ダイエットなどでもよく言われることですが

食事→就寝の間は最低でも2時間くらいは開けたほうがいいです。

 

内臓には自律神経が動かしています。

この内臓を動かす自律神経は循環に関与しており、内臓に負担をかけることで腰部周囲の筋肉を固くさせてしまう場合があります。

 

対策としては上記しましたが

就寝2時間以上前の食事を心がけて下さい。

まとめ

以上の3つが朝、腰痛に悩ませられる原因として考えられる事です。

このような症状が続く事で、朝だけでなく痛みが慢性化していくことも考えられます。

 

症状が軽いうちはそれぞれで書いた対処法を実行してみて下さい。

それでもなかなか改善しない方は、腰痛がひどくなる前に一度治療をしたほうがいいです。

 

「ちょっと普段と違うな」

「おかしいかもしれないな」

 

と思ったら本格的な腰痛になる前に早めの相談待っています!

 

そして、これがとても大事なことですが

治療を受ける、受けないに関わらず日々の生活を見直すことは現在の不調改善のためには必要になります。

 

自分の生活と照らし合わせて先ほど挙げた原因を見直して下さいね!

↓お電話はこちらをクリック↓

tel:090-6709-3808