· 

腰痛体操は効果があるのか!? 【春日市】【整体】

春日市の皆さんこんにちは。

ボディメイク春日の鶴薗です。

 

 

腰痛体操というワードはだいぶ世間に浸透してきましたね。

今ではTVでも度々特集が組まれてたりします。

腰痛には体操(腰痛体操)これは間違っていないと私も考えています。

 

 

ですが、腰痛体操を行なって本当に痛みは軽減していますか?

 

 

当院に通われるお客様は皆腰痛体操の事を知っています。

ですが、治っていないから治療院に来ています。

実は、腰痛体操というのはとてもたくさんの種類があります。

腰痛の原因が様々なように、それに対応する体操も様々です。

 

あなたは間違った腰痛体操を行なっていないでしょうか?

間違った腰痛体操を行なっても効果がなかったり、むしろ悪化させるだけです。

 

今回はそんな腰痛体操について解説していきます。


1 腰痛を改善させるためには運動は必要不可欠

1−1 硬くなった筋肉が腰痛を引き起こす

あなたはなぜ自分が腰痛になったのか理解できていますか?

 

  • 姿勢が悪いから
  • 体重が増えてしまったから
  • 運動しないから

 

自分で思い当たる事は色々あるかと思います。

 

ほとんどの場合このような理由は間違っていませんが、正確に言い直すとこのように言えます。

 

  • 姿勢が悪い為、特定の筋肉にのみ負担が増えて筋肉が硬くなったから
  • 運動をしない為、腰の筋肉の血流が悪くなり柔軟性が低下したから
  • 体重が増えた事で腰にかかる負担が増え、過負荷となってしまったから

 

このようにほとんどの場合は腰周囲の筋肉が硬くなる事で腰痛が起こります。

 

腰の筋肉が硬くなるときというのは筋肉を自分の許容量を超えて使いすぎた時です。硬くなると、動いた時にうまく伸び縮みができなくなり痛みが生じてしまうのです。

 

 

1−2 筋肉は動かす事で柔らかくなる

筋肉が硬くなるという事は筋肉が収縮した状態(力が入った状態)です。筋肉は毛細血管から栄養素や酸素を受け取っていますが、力が入った収縮状態だと毛細血管が押しつぶされてしまい血流が阻害されてしまいます。

 

つまり血流が正常になっていれば栄養素や酸素が行き渡り柔軟性を取り戻すことができるのです。

 

「私は病院で言われた通り体操していたけど治らなかったよ!!体操は動かしていたことに入らないの?」

 

そう思ってしまう人もいるかと思います。

 

なぜ治らないのかというと、それはあなたがしていた運動方法が間違っていた可能性があります。

 

腰痛は筋肉が柔軟になれば改善していきます。もしあなたが今まで運動をしていたにもかかわらず治らないのであれば効果のない運動や悪化させる運動をしてしまっているのでしょう。

 

 


2 運動=スポーツや筋トレではない

2−1 腰痛時にするべき運動

あなたが今まで腰痛体操をしていたにも関わらず症状が改善しないのは【腰の筋肉を硬くなってしまうような運動】

をしてきたからです。あなたは今まで

 

腹筋が弱いからだよ!

身体を反らす運動をしてください!

 

などと言われその運動をして来たのでしょう。

確かにそれらの運動で改善する人もいます。

ですが、改善しない人もいます。

 

人によって治る人治らない人がいるなら何すればいいの?

 

そう思う人もいるかと思いますが、

正解を言うと、前後に動かした時に痛くない方向に動かしてください。

 

前屈で痛みが出て、後屈の時に痛みが出ないのであれば身体を反らす運動をしてください。

後屈時に痛みが出て、前屈時に出ないのであれば身体を丸める運動をしてください。

 

つまり、動かして痛くない方向へ動かしてください。

どちらも痛い場合は、痛みのない範囲で動かしてください。

 

これは慢性的な痛みだけでなく急性の痛みに対しても同じです。動かして痛みの出ない範囲で動かしていく事が腰痛改善の肝になります。

 

2−2 腰痛を改善させる為に効果的な5つの運動

急性の場合、慢性の場合どちらも同じように痛みのない方向へ痛みのない範囲動かす事が基本になります。

 

ステップ1 痛みのない方向を探す

腰痛初期は痛くて動けない場合もあるかと思います。そのような場合は痛みが軽減する楽な姿勢を見つけてください。

  • うつ伏せが楽だ
  • 足を曲げると楽だ
  • 横向きに寝ると楽だ
  • 手を動かすと痛む

などでも構いませんので出来るだけ自分の状態をしっかりと把握しておきましょう。

運動はたくさんしたからと言って回復が早まるわけではありませんので無理のないように行なっていきましょう

 

ステップ2 お風呂の中でも出来る運動を探す

痛みの出ない方向が分かったら、次はその方向への運動をお風呂の中でできるように工夫してみてください。温める事で血流が上がりますので筋肉は柔らかくなります。また温める事は除痛効果もありますのでかなり楽になると思います。

急性腰痛の場合はあまり温めすぎると炎症部位が広がることにもなりますので、発症後1週間くらいを目処にしておこなようにしましょう。

 

ステップ3 四つ這いでの運動

四つ這いになると腰の動きがかなりコントロールできます。四つ這いになって痛みのない範囲で腰を動かしていきましょう。

 

ステップ4 ウォーキング

歩いても痛くない状態になりましたら、少しづつ歩いていきましょう。痛みが出ないように歩いて構いません。目標は20〜30分です。

 

ステップ5 足のストレッチを行う

足というのは腰につながる部分です。筋肉は筋連結と言ってそれぞれの筋肉が連結しています。つまり足の張りが腰に影響したり、腰の張りが足に影響したりするということです。

特に大腿部の筋肉は骨盤に付着しており骨盤を傾けてしまう場合もありますのでしっかりストレッチを行なってください。