· 

腰からふくらはぎが痛く痺れる 【大野城市】【春日市】【整体】

腰からふくらはぎにかけて痺れや痛みが出るんです。

 

腰痛は今や国民病と言われるほどの物です。日本国民の実に80%の人が生涯で経験するのです。

 

「あぁ今日の仕事はハードだったな」とか「たいした運動してないのに…歳をとったなぁ」というような

 

日常少し無理をしたという時に起こる事がよくあります。

 

 

 

しかし、そうしていくうちにいつの間にか慢性化し、何をしても痛くなる。

じっとしているだけでも痛くなるようになると流石に笑えなくなってきます。

 

 

 

それに加えお尻や足にまで痺れが出るようになってしまったら…

そうなると病院に通う人も多いでしょうが、なかなか改善できずにお悩みの方も非常に多いように感じます。

果たして、腰からふくらはぎにかけての痛みや痺れが出てします症状の原因はなんなのでしょうか?

そして、それへの対処法はあるのでしょうか?

 

 

 

なぜ、腰からふくらはぎにかけて痛みや痺れが出てしまうのか?

 

 

腰が痛いだけでなくお尻やふくらはぎが痛み、痺れが出る。

 

その原因としていくつか考える事ができます。腰が痛むのは骨格の問題から筋肉の問題まで幅広い可能性があります。

 

そして、痺れという症状から神経の問題まで考えられます。

 

 

このような症状全体から考えられる事として、神経ならば坐骨神経痛、筋肉ならば大腰筋、骨格なら椎間板変性です。全部違うけど全部腰痛が出て痺れに深い関与があります。

 

 

1−1 坐骨神経痛とは!?

 

坐骨神経痛とは人間の体の中で最も太くて長い末梢神経です。腰からつま先まで広い範囲をカバーしています。

この坐骨神経はなんらかの原因で圧迫などの刺激を受けると、

この腰からつま先までの広い範囲で鋭い痛みや、ビリビリ電気が走ったような刺激を感じる事があります。

範囲が広く、この症状により日常生活に支障をきたすことも多くなります。

 

 

 

1−2 大腰筋とは!?

大腰筋とは上図のように腰から股関節にかけて伸びる筋肉です。腸骨筋・小腰筋と共に「腸腰筋」と呼ばれることもあります。

腰をまっすぐ保ったり股関節を曲げたりする機能を持ちます。

大きな筋肉であるため動きに影響しやすく、この筋肉を鍛えることで劇的な効果がでると言われ鍛えようとする人が多い部位です。

 

 

 

1−3 椎間板とは!?

椎間板とは背骨と背骨の間にあるクッションのような働きをする軟骨です。

骨同士が擦れて傷んだりしないようにしてくれています。

ただ単にクッションの役割をするだけでなく椎間板中心部の髄核という柔らかい部分、周りの線維輪という部分に分かれており骨と骨の適合性を高めスムーズな動きをするために必要な部位となっています。

 

しかし、あまりに骨と骨がぶつかり合うような刺激を与えると、椎間板が圧迫され饅頭でいうとあんこが飛び出したような状態になる事があります。

この状態を「ヘルニア」と言います。

なぜ腰や太もも・足などに痛みや痺れが出るのか!?

 

腰や太もも・足などに痛みや痺れが出るのは上記のいずれかの理由が多いように感じます。

つまり、坐骨神経痛や大腰筋の筋肉トラブルや椎間板ヘルニアになります。

病院では坐骨神経痛やヘルニアと言われる事が多かったです。

2−1 坐骨神経痛

実は坐骨神経痛になってしまう原因の一つとして多いのが腰部椎間板ヘルニアです。ヘルニアによる痛みから筋肉のバランスが崩れてしまい坐骨神経を圧迫し、それが原因となって坐骨神経痛の症状がでてきます。

この異常は椎間板ヘルニアから来るもの多いですが、筋肉が硬くなってしまい神経を圧迫してしまうことも同じく多いです。

 

 

2−2 大腰筋の筋肉トラブル

大腰筋は大きな筋肉です。ですので使いすぎにより固くなりやすいです。

腰痛は大腰筋によって起こるとよく言われますが、大腰筋の筋トレは多いもののストレッチに関してはあまり言われていません。

 

そうすると、固まった筋肉が神経を圧迫し、痛み・しびれといった症状を引き起こします。

レントゲンを撮っても分からないため、原因不明とされたり、

その際に見つかる事が多い椎間板ヘルニアと診断されたりします。

 

 

2−3 椎間板ヘルニア

椎間板の線維輪から髄核が飛び出し、それが神経を圧迫することで痛みやしびれが起こるとされています。

しかし、実際に画像所見で異常があっても症状が出ていない人もたくさんいらっしゃいます。

事実、高齢の方の大半にはヘルニアが見られますが、皆が皆痛みを感じているわけではないです。

大腰筋の筋肉トラブルを起こす原因は!?

 

大腰筋のように大きな筋肉が固くなったりという筋肉トラブルを起こす原因は1つではありません。

筋肉の弱化や、筋肉の柔軟性不足、姿勢が悪いため負担増、などが挙げられます。

 

3-1 筋肉の弱化

大腰筋は筋肉ですので当然鍛えないと弱ります。そして、大腰筋が弱ると背骨を引っ張る力が弱くなりますので、腰痛や猫背などが起こりやすくなると言われます。

 

しかし、大腰筋がしっかり鍛えられていても腰痛が起こるのは、

体を鍛えに鍛えたアスリートでも腰痛に悩まされている方がいらっしゃる事で証明済みです。

 

3-2 筋肉の柔軟性不足

筋肉は、鍛えれば鍛えるほど強くなりますが鍛えるだけではなく、きちんとその後のクールダウンやストレッチを行わないといけません。それをしないとただ固くなってしまいます。

 

固くなるという事は筋肉の柔軟性がなくなる事なので、筋肉が縮んでしまい元に戻らなくなってしまう場合があります。

そうなると周囲の骨を引っ張り、体をゆがませたり姿勢を悪くして腰痛を悪化させてしまう原因となります。

 

3-3 姿勢が悪いため、特定部位への負担が増えすぎてしまう

普段から姿勢が悪いと、ある特定の筋肉に負担がかかりやすくなります。

 

逆の場合もあり、特定の筋肉が固くなってしまいその筋肉が付着している骨を引っ張る事で姿勢が悪くなる場合です。

 

  1. それではなぜ姿勢が悪くなるのでしょうか?

 

体のゆがみは、日常生活の癖でも起こります。利き手・利き足があるように左右で微妙に力の差はあるものですが、片方だけに体重をかけたり、足を組んだりし続ける事でその筋肉の負担が増え固くなります。

腰周辺の場合で特に問題になりやすいので大腰筋です。

それが骨盤や股関節を無理に引っ張ったまま固定してしまうので、ゆがみが起こりやすくなってしまいます。

つまり、大腰筋の筋肉の状態を柔軟性のあるいい状態にしてあげる事で姿勢の悪さはかなり軽減すると言われています。

 

5 腰からふくらはぎにかけてのしびれや痛みから解放されるには

腰からふくらはぎにかけてしびれたり、痛んだりする原因は、そこに通っている坐骨神経を、

柔軟性を失った筋肉が引っ張ることや、体のゆがみによって引っ張られたりすることです。

対処法としては、マッサージなどのリハビリを行う、病院で注射や薬物を処方してもらう、

整体や治療院に通うなどが一般的です。

 

5-1 リハビリする

病院でマッサージを行ったり、温熱療法や電気治療などのリハビリを行うのが比較的楽で安全です。

しかし、何が原因で痛みやしびれが起こっているのかがきちんと分かっていないと、

思うような結果が出ないことがあります。

 

5-2 薬や注射

坐骨神経痛によって痛みや痺れといった症状は起きやすいです。大きな神経ですから、ブロック注射を打ったり、痛みどめをもらったりするというのが有効です。

しかし、痛み止めや注射はどちらも一時的なものであり、根本的な解決を見るには至りません。

痛みがない分、逆に無理をして、痛みどめが切れたら最初よりも痛くなるという事がよく起こり、痛み止めとの関係が切っても着れなくなってしまう場合も多々あります。

 

5-3 整体や治療院に行く

原因不明と言われるようなしびれや痛みが、整体や治療院で治ることも多いです。

人間の体について深く学んだ先生がいれば、驚くほどに改善させることができます。

そのような院は雑誌や広告でも見られますし、口コミで探してみるのもいいでしょう。

同じような症状を持つ人の実際の声が掲載されているところを探すと、目的の院を探す事が出来るのではないでしょうか?

 

  1. まとめ

腰からつま先にかけてしびれや痛みが出る原因は、坐骨神経であり、その周囲の筋肉である事がほとんどです。

この筋肉のトラブルを起こすのは、筋肉のストレッチ不足や姿勢の悪さといった原因があります。

この原因を改善していくことで、痛みやしびれといった不快な症状を解消することができます。