· 

【腰部椎間板ヘルニア】ってどんな病気? 【春日市】【大野城市】【整体】

あなたは腰椎椎間板ヘルニアをご存知でしょうか?

 

背骨と背骨の間にはクッションがあります。そのクッションのことを【椎間板】と言いいます。役割としては骨と骨の緩衝材になっていたり、関節の適合性を高めたりしています。

 

そして【ヘルニア】ですがドイツ語で飛び出るという意味があります。飛び出した椎間板が神経を圧迫することによって症状が出てくることを【椎間板ヘルニア】と言います。腰部で起これば腰椎椎間板ヘルニアと言い頸部で起これば頚椎ヘルニアと言います。

【ヘルニアの症状について】(腰椎)

腰〜お尻や足先までに痛みや痺れ力がうまく入らないと言った症状が出ます。また神経根を圧迫することで坐骨神経痛のような症状が出ることもあります。

 

ひどい場合、咳をしたりくしゃみをすることですら激しい痛みを感じてしまいます。

 

高齢の方より20~30代の働き盛りの人に多い疾患と言えます。

 

 

一般的には前屈をすると痺れ・痛みがひどくなる場合が多いです。ただ逆に反った場合に出る方もいらっしゃいます。

 

治療法としては手術もしくは保存療法(運動などによってやる方法)があります。どちらがいいということはないですが手術をするかどうかは症状やその方の生活次第で変わってきます。手術しないと治らないということもないですが、手術をしたほうがいい場合もあります。

 

そのどちらも選択せず、しばらく動きをセーブして治るのを待つというのは絶対にしてはいけない事ですので気をつけてください。